素材や種類を知って、自分に合ったスポーツウェア メンズ用商品選びを

男女共に健康維持や引き締まった身体を目指して、ジムに通ってみたいと考える人も増えてきました。おしゃれなデザインも多く、スポーツウェアをファッション感覚で楽しむ女性が多いことから、レディースの商品はバリエーションに富んでいますが、より快適にスポーツを楽しむための、種類や素材の機能性に富んだメンズ商品も数多く存在します。

知っておくとスポーツウェア メンズ用の商品選びに迷わない、耳寄りな情報をお届けします。

スポーツに適したトップスを選ぶ際のポイント

普段着のTシャツとスポーツウェアの違いは、素材の機能性にあります。ジムなどで運動すると、大量に汗をかきます。

普段着で着用するTシャツの素材は、汗を繊維が吸収して重くなってしまい、身体を動かしにくくなる上、乾きも遅いので、不快に感じてしまう場合もあります。

スポーツウェアは、こうした汗をかいた場合にも快適に着用できるよう、吸汗性と速乾性に優れた素材が使用されています。スポーツウェアを選ぶ際には、こうした素材自体の機能性に着目して選ぶことをおすすめします。

このほかにも、コンプレッションウェアと呼ばれる加圧効果のある素材のものは男性に人気です。加圧効果のあるスポーツウェアを着用することで、身体の筋肉を固定し、筋肉の疲労を軽減できるほか、筋力増強の効果も期待できるでしょう。

普段着のインナーで着用されることが多いコンプレッションウェアですが、トレーニングの際のアンダーシャツとして活用することもおすすめです。

種類豊富なボトムス選びと着用スタイル

スポーツウェアのボトムスも種類が豊富で、ハーフパンツの素材にはスウェット生地やジャージの生地のものが一般的です。下半身の汗をかく量は上半身と比較すると、それほど多くはありませんが、通気性を求めるならジャージ生地のものが良いでしょう。

ウェイトトレーニングなどの際には、このハーフパンツ丈が動きやすいのでおすすめです。ほかにも、ランニングに適した丈の短いショートパンツは、ポリエステル製の生地が多く、軽量化と通気性に特化しているのが特徴です。

ボトムスのコンプレッションウェアとして、スポーツタイツがあります。先ほどご紹介した通り、下半身の筋肉の疲労度が軽くなったり、筋力を向上させたりする効果が期待できます。

シンプルにスポーツタイツのみを着用するスタイルのほかに、最近の傾向として男女共にボトムスのインナーにスポーツタイツを着用するスタイルも人気です。

シーンに応じたシューズ選びも大切

シャツやボトムスのほかに、スポーツウェアにおいて機能性や種類を知った上で選びたいものがシューズです。ランニング用シューズ、ダンス用シューズ、レスリング用シューズなど、用途に応じて様々な種類の商品が販売されています。

シューズ選ぶ際には、どんなトレーニングやスポーツで使用するのかをはっきりさせておくことが大切です。バーベルやダンベルを使用するウェイトトレーニングを行なう際には、靴底への負荷も大きくなります。

ウェイトトレーニングでは、クッション性のあるシューズを使用すると、弾力性のあるクッション部分に変形が生じるため、トレーニング中にバランスを崩してしまう可能性があります。

そこで、靴底の設計が薄いベアフット用のシューズやレスリング用のシューズを選ぶと、効率良く安全にトレーニングを行なうことができます。これとは逆に、ジョギングなどでは着地の際の足への負担を減らすことが大切になるので、初心者の方は特にクッション性に優れたシューズを選びましょう。

一方で、ランニング用のシューズの中には、クッション性をある程度減らし、軽量化を図ったレース向けの商品なども販売されています。スポーツスタジオなどのトレーニングには、激しい動きにも対応できる安定したフィット感のものが向いています。

これから取り組みたいスポーツのジャンルを明確にすることで、より効率良くスポーツウェアを選ぶことができます。安全で快適にトレーニングやスポーツを楽しむために、商品の種類の特徴や素材の機能性を重視したスポーツウェア選びが大切です。